追加請求の可否

img_1390001.jpg  
 前項では、ベンダーがユーザーから責任を追求されるトラブルの場合について述べました。システム開発の、もう1つのトラブルの類型として、ベンダーがユーザーに対して費用を追加請求する場合が上げられます。

 つまり、開発途中で、仕様変更が発生し、当初に見積もった工数を超えて開発作業が発生する場合、ベンダーがユーザーに追加費用を請求できるか否か、という点です。

 結論から言いますと、この点でも、契約書が極めて重要となります。また、過去の裁判例を見ると、契約書とは別に作成される見積書の内容が大きな意味を持つ場合もあります。過去の裁判例では、見積り対象の仕様が明確な事案で、追加分の報酬は認められる傾向にあります。
 
 つまり、見積りの対象としたシステムの仕様が明確になっていれば、見積りの対象としたシステムの仕様と完成したシステムの仕様を比較し、追加作業部分を認定することが可能となります。そこで、追加作業に該当する分の報酬請求権が認められるという判断です。
 
 一方、見積り対象の仕様が明確でない場合は、裁判においても、追加請求の主張が退けられる傾向にあります。このような裁判例に鑑みれば、追加報酬の請求について契約書上明確に定めておくことの必要性はもとより、見積書の記載にも注意が必要となります。従って、この点もあわせてご相談いただきたいと思います。
 
 また、トラブルが発生した場合は、できるだけ早いタイミングで動くことが被害を最小限にします。このようなトラブルになる場合、現場では「このままでは、ユーザーは支払いをしてくれないのではないか」という空気は敏感に感じるものです。
 
 しかしながら、多くの場合、ユーザーの言いなりに開発を進め、結局、トラブルが表面化した時には、取り返しのつかない工数が投入されている、ということが多々あります。

 トラブルの兆しがあった場合は、できるだけ早めに弁護士にご相談ください。

 

IT/システム開発コンテンツ一覧

IT/システム開発

 

契約解除と不払いリスクの回避

 

追加請求の可否

         



※メールでは法律相談のご予約のみ受け付けています。メールではご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いからです。ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。

大阪で契約書・労務問題・債権回収等、中小企業の法律相談なら、ルート法律事務所へ
 

  事務所紹介  
 
大阪で顧問弁護士をお探しならルート法律事務所
事務所の特徴.PNG
企業の法律問題に詳しいルート法律事務所の特徴
弁護士紹介
企業の法律問題に詳しい弁護士のご紹介
アクセス
ルート法律事務所へのアクセス