契約書のチェックポイント

img_1460003.jpg  

秘密保持契約書

 当事者間で営業秘密などの秘密情報をやり取りする場合に、当該情報が第三者に漏洩するのを防ぐために取り交わす契約書です。
 近年では、様々な取引に先立って調印を求められる傾向があります。

金銭消費貸借契約書 

 お金を貸し借りする際に作成する契約書です。貸付額や弁済期等の基本的事項や、弁済期が守られなかった場合の責任追及方法などについて定められることが一般的です。 
 

売買契約書 

 物を買いたい、または売りたいというときに必要となってくる契約書が、売買契約書です。なお、一定の商品について売買を継続的に行うことが予定されている場合には、最初に取引基本契約が交わされる場合もあります。これは、売買契約の派生型の契約といえます。

 取引基本契約は、定型的なものを利用しがちですが、相手方との紛争になった場合にきわめて重要な役割を果たすことも多いので、慎重に条項を検討する必要があります。
 
 各書式例はごく一般的なビジネスシーンを想定して作成されています。これ以外の契約例、または、契約書に盛り込みたいけれど記載方法が判らないなど、ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。


契約書・契約トラブルコンテンツ一覧

契約書・契約書トラブル

 

契約トラブルの対処方法

 

契約書の作成方法




※メールでは法律相談のご予約のみ受け付けています。メールではご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いからです。ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。

大阪で契約書・労務問題・債権回収等、中小企業の法律相談なら、ルート法律事務所へ
 

  事務所紹介  
 
大阪で顧問弁護士をお探しならルート法律事務所
事務所の特徴.PNG
企業の法律問題に詳しいルート法律事務所の特徴
弁護士紹介
企業の法律問題に詳しい弁護士のご紹介
アクセス
ルート法律事務所へのアクセス